過去の実績

産総研での発表については研成発表成果DBをご参照ください。

特許

  • 芝原暁彦. 立体地質模型システム. 特開2015-052691. 詳しくは 詳しくはこちらから
  • 芝原暁彦. 情報処理装置、情報処理方法及びプログラム. 特開2014-032304(画像と立体造形物のシンクロナイズ). 詳しくはこちらから 紹介記事はこちらから

論文・報告

2015年
  • 芝原暁彦・木村 克己・西山 昭一,2015.積層型精密立体地質模型:3D造型とプロジェクションマッピングを用いた地下構造の新規可視化法とその応用.日本地図学会誌「地図」53, no.1, p.36-46.Link(目次). 詳しくはこちらから
  • 芝原暁彦・今尾恵介・大道寺 覚・柚口三奈子・酒井 克・小林弘幸,2015.精密立体地質模型と各種メディアとの連動による地形・地質情報の可視化と情報発信.日本地図学会誌「地図」53, no.1, p.47-56.Link(目次). 詳しくはこちらから
  • 芝原暁彦・下川浩一,2015.全国科学博物館協議会平成26年度第2回総会および第22回研究発表大会参加報告.GSJ 地質ニュース,4,no. 6,p.183-184. PDF. 詳しくはこちらから
  • 芝原暁彦・吉田清香・大谷 竜・宮内 渉・澤井祐紀・川辺禎久,2015.桜島の精密地質模型を用いた地質図の空間認識とバーチャルジオツアー.GSJ 地質ニュース,4,no. 1,p.6. PDF. 詳しくはこちらから
  • 芝原暁彦・吉田清香・大谷 竜・宮内 渉・澤井祐紀・川辺禎久,2015.「桜島みたまま砂絵で地質図」砂絵地質図と3D 地質模型によるバーチャルジオツアー.GSJ 地質ニュース,4,no. 1,p.16-17. PDF. 詳しくはこちらから
2014年
  • 芝原暁彦,2014.精密模型による地質情報の立体化技術、精密三次元造型とプロジェクションマッピングの連携.産総研Today, 14, no. 11, p.19. PDF. 詳しくはこちらから
  • 芝原暁彦・宍倉 正展, 2014. 海岸段丘レーザースキャン計測データの3Dプリンタによる立体造形と,国立歴史民俗博物館でのプロジェクションマッピング展示について.GSJ 地質ニュース,3,no. 8,p.225-227. PDF. 詳しくはこちらから
  • 高橋雅紀・芝原 暁彦,地質標本館2014年夏の特別展 「地質アナログ模型の世界」.地質調査総合センター研究資料集, no. 605. 詳しくはこちらから
  • 芝原 暁彦, 2014. 3Dプリンタをどう使うか? -博物館・研究施設における、次世代可視化技術活用への取り組みと展望-. 科学技術振興機構(JST)サイエンスポータル, オピニオン. 詳しくはこちらから
  • 芝原 暁彦, 2014. 三次元造型機(3Dプロッタ)とプロジェクションマッピングを用いた地質情報の発信:精密立体地質模型の開発と展示.測量,Vol.64, No.3, p.48
  • 芝原 暁彦・及川輝樹・石塚吉浩・中野俊・山元孝広・高田亮・浦井稔,2014. 国際火山学地球内部化学協会2013年学術総会にて展示した富士火山地質図の精密立体模型.GSJ 地質ニュース,3,no. 2,34-36. PDF. 詳しくはこちらから
2013年
  • 芝原 暁彦・吉田清香・及川輝樹・伴 雅雄・百目鬼洋平・宮内 渉・住田達哉,2014. 地質情報展 2013 みやぎ 体験コーナー「蔵王みたまま砂絵で地質図、砂絵と模型による仮想ジオツアー.GSJ 地質ニュース,3,no. 1,20–22. PDF. 詳しくはこちらから
  • 芝原 暁彦・加藤碩一・伊藤順一,2013.三次元造型による精密立体地質模型(映像投影型)を使った地質情報の発信および地学教育への応用(雲仙普賢岳と阪神・淡路地域を例として).地質学雑誌,Vol.119, No.10, 口絵XV-XVI
  • 芝原暁彦・住田達哉・加藤碵一・大和田 朗・佐藤卓見(2013)3D 模型と砂絵で楽しむ筑波山のジオ−地質図を立体的に理解するための砂絵教材の開発とイベントでの活用.GSJ 地質ニュース,2,no. 9,279-281.PDF. 詳しくはこちらから
  • 芝原暁彦・住田達哉・加藤碵一(2013)地質標本館の体験学習教材: 筑波山見たまま砂絵で地質図.GSJ 地質ニュース,2,no. 9,259–260.PDF. 詳しくはこちらから
  • • 芝原暁彦(2013)三次元造型技術とプロジェクションマッピングを用いた精密立体地質模型の開発と,博物館およびジオパーク地域での活用.GSJ 地質ニュース,2,no. 8,243–248.PDF. 詳しくはこちらから
  • • 及川輝樹・筒井正明・田島靖久・芝原暁彦・古川竜太・斎藤元治・池辺伸一郎・佐藤公・小林知勝・下司信夫・西来邦章・東宮昭彦・宮城磯治・中野俊・渡辺真人, 2013. 第3回火山巡回展霧島火山-ボラ(軽石)が降ってきた!新燃岳の噴火とその恵み-. 地質調査総合センター研究資料集, no.578. 詳しくはこちらから
  • • 伊藤 孝・岡崎智鶴子・芝原暁彦・澤村 寛・三田直樹, 2013. 伸縮自在印刷用フィルムを活用した立体地形モデルの作製とその教材化の試み. 地質学雑誌, 119, 39-44. 詳しくはこちらから
  • • 芝原暁彦・及川輝樹・今西和俊・長 郁夫・住田達哉, 2013. 2012年産総研つくばセンター一般公開 —地質分野の様子—. GSJ地質ニュース, 2(2), 33-34. PDF. 詳しくはこちらから
2012年
  • 渡辺真人・芝原暁彦, 2012.第5回ジオパーク国際ユネスコ会議報告.GSJ地質ニュース, 1(11), 351-352. PDF. 詳しくはこちらから
  • 芝原暁彦・青木正博・利光誠一,2012.地質標本館特別展「砂漠を歩いてマントルへ-中東オマーンの地質探訪-」オープニングセレモニーと特別講演会の開催.GSJ地質ニュース, 1(7), 314-315. PDF.
  • 芝原暁彦・板木拓也・渡辺真人,2012. 地質標本館 夏の特別展「ミクロな化石で地球を探る -微化石と地質調査-」解説資料. 地質調査総合センター研究資料集 565. 詳しくはこちらから
  • 芝原暁彦・小笠原正継・青木正博・澤田結基,2012. 地質標本館 春の特別展 「砂漠を歩いてマントルへ -中東オマーンの地質探訪-」解説資料. 地質調査総合センター研究資料集 559. 詳しくはこちらから

学会発表・依頼講演

2016年
  • 大道寺 覚・芝原暁彦.プロジェクションマッピング×東京東部地形模型×立体電子黒板.「くらしと測量・地図」展
  • 芝原暁彦・大道寺 覚.3Dデータ×地形模型×プロジェクションマッピング×立体電子黒板.三次元計測フォーラム (SPARJ 2016).
  • 谷口 榮・芝原暁彦・大道寺 覚・小林政能.東京低地における縄文海進海退による環境変化と人間活動.日本考古学協会第82回(2016年度)総会.
  • 芝原 暁彦.大型プロジェクションマッピング模型で東京の地形を見てみよう.広尾学園スーパーアカデミア2016. 詳しくはこちらから
2015年
  • 太田 弘・芝原暁彦・大道寺 覚.地形を学ぶ 自然災害の多い日本を知る.G空間EXPO2015 Geoエデュケーションプログラム 学校における未来のG空間情報教育. 詳しくはこちらから
  • 芝原暁彦・皆川典久・荻窪圭.プロジェクションマッピングで知る・楽しむ 東京100万年歴史地形散歩.新潮講座スペシャル. 詳しくはこちらから
  • 芝原 暁彦・木村克己・西山昭一.積層型の立体造形物と3Dプロジェクションマッピングを用いた,地質情報の可視化およびアウトリーチ手法の現状.日本地質学会2015長野大会(セッションハイライト) 詳しくはこちらから
  • 芝原 暁彦.東京都をはじめとする都市地域三次元モデルの開発・応用. 3次元計測フォーラム SPAR2015J
  • 芝原 暁彦.地質学と3D造型 ―立体模型とプロジェクションマッピングによる東京の地形・地質の観察―.広尾学園スーパーアカデミア
  • 伊津野郡平・芝原 暁彦・青木正博.ハメリンプールの潮間帯におけるストロマトライトの形状変化.日本古生物学会2015年年会・総会
  • 伊津野郡平・芝原 暁彦.西オーストラリア州ハメリンプールのストロマトライトの水深と形状.第79回 形の科学シンポジウム
2014年
  • Akihiko Shibahara.Observation of topography and geology of Cambodia, using finely-detailed 3D miniature. カンボジア王国実践的環境教育支援事業,ネイチャーセンターリセン.独立行政法人環境再生保全機構 (ERCA)助成.
  • 芝原 暁彦.地質系博物館の業務、地質情報の可視化技術開発について. 川村学園女子大学 生涯学習概論 特別講義.
  • 芝原 暁彦.化石・地質学の世界を3Dで見てみよう.ラヂオつくば,サイエンスQ.
  • 芝原 暁彦.3Dプリンタと地質学 ―博物館における次世代可視化技術の活用―.第38回全国高等学校総合文化祭いばらき総文2014,サイエンスカフェ. 詳しくはこちらから
  • 芝原 暁彦.3D造型による立体模型とプロジェクションマッピングを用いた、空間情報の可視化と伝達について.情報コミュニケーション学会第13回研究会(特別講演). 詳しくはこちらから
  • 芝原 暁彦.3D造型による立体模型とプロジェクションマッピングを用いた科学教育およびその効果について.第93回次世代大学教育研究会
  • 芝原 暁彦.富士火山地質図第2版の公開と、精密3D造型技術・プロジェクションマッピングによる立体化.日本地球惑星科学連合2014年大会.
  • 芝原 暁彦.3Dプロッタとプロジェクションマッピングを用いた地質模型によるアウトリーチ(積層造型による地下構造の表現).日本地球惑星科学連合2014年大会.
  • 芝原 暁彦.地質学と3D造型 ―博物館・研究施設における、次世代可視化技術の活用―.広尾学園スーパーアカデミア.
2013年
  • Masao Uchida,Akihiko Shibahara. Multibeam bathymetric and sediment profiler evidence for pockmarks and ice grounding on the Chukchi borderland, Arctic Ocean : implicaion for subseafloor past environmental changes including methane hydrate instability. 国立極地研究所 第4回極域科学シンポジウム. PDF.
  • 芝原 暁彦.地形・地質情報の可視化手段と、 三次元造型機を用いた模型展示および情報伝達.第4回放射光イメージング研究会.
  • 芝原 暁彦.空間情報を活用した三次元造型および 高精度プロジェクションマッピング技術の開発と、博物館・ジオパーク等での応用.「言語・認識・表現」 LACE第18回年次研究会
  • 芝原 暁彦・住田 達哉.プロジェクションマッピングによる直感的、地質・地形の理解.第22回地質調査総合センターシンポジウム アカデミックから身近な地質情報へ.
  • 芝原 暁彦.地質系博物館の仕事について.川村学園女子大学 生涯学習概論.
  • 芝原 暁彦.精密立体地質模型による地形情報・地質情報の可視化と博物館・ジオパーク等での活用.G空間EXPO2013.
  • 芝原 暁彦.筑波山を作ってみよう!3Dプリンタによる地図・地質図の立体化.つくばエキスポセンター 第 25 回ミーツ・ザ・サイエンス.
  • 吉田 清香・芝原 暁彦・住田 達哉・宮内 渉・百目鬼 洋平.蔵王見たまま砂絵で地質図.地質情報展2013みやぎ.
  • 芝原 暁彦・須藤 茂・関口 晃.普及講演会「夏休みイベント化石について」.つくばサイエンスツアーオフィス「TX&サイエンスきっぷ」見学ツアー.
  • 原 暁彦.―精密立体造形物を用いた,地質学分野における学術情報の新可視化法および活用法―.平成25年度福井県地学会総会.
  • 芝原 暁彦.精密立体地質模型を用いた地質情報の三次元的可視化とアウトリーチ.日本地球惑星科学連合2013年大会
2012年
  • 芝原暁彦. 立体模型の作製 ―地質学分野における学術情報の新可視化法―. 「言語・認識・表現」研究会(LACE)第17回年次研究会.
  • 伊藤 孝・岡崎智鶴子・芝原暁彦・澤村 寛・三田直樹.伸縮自在印刷用フィルムを生かした立体地形モデルの作製とその教材化. 地学教育学会第66回全国大会 岩手大会講演予稿集, 132-133.
  • 芝原暁彦・加藤碵一・三田直樹・岡崎智鶴子・渡辺真人.第5回ジオパーク国際ユネスコ会議ブース出展(映像投影型立体地質図の展示).
  • 岡崎 智鶴子・三田 直樹・加藤 碵一・芝原 暁彦・渡辺 真人.第5回ジオパーク国際ユネスコ会議ブース出展(フィルム被覆型立体地質図の展示)
  • 芝原 暁彦・渡辺 真人・板木 拓也・関口 晃・利光 誠一・下川 浩一・西沢 良教・宮内 渉・今西 和俊・及川 輝樹・池田 さお り・佐藤 浩代・坂野 靖行・角井 朝昭・青木 正博・吉田 清香・朝川 暢子・大和田 朗・佐藤 卓見・福田 和幸・平林 恵理・須藤 茂・中島 隆・上岡 晃. 地質標本館 春の特別展(日本・オマーン国交樹立40周年特別企画)「砂漠を歩いてマントルへ -中東オマーンの地質探訪-」.地質標本館春の特別展.詳しくは
2011年
  • 兼子 尚知・宮地 良典・芝原 暁彦 .ペットボトルで地盤の液状化を再現しよう! 地質調査総合センター研究資料集,548, p.04. 地質情報展2011みと.
  • 利光 誠一・吉田 清香 ・芝原 暁彦・兼子 尚知・宮内 渉・高津 翔平・飯沼 美奈子・萩原 彩乃・・山田 侑・下條 賢梧・柿沼 亜衣・渡邊 美奈子・朝川 暢子.化石のキャストをつくろう.つくば科学フェスティバル.
  • 及川 輝樹・渡部 芳夫・利光 誠一・渡辺 真人・宮崎 光旗・佐藤 由美子・吉田 清香・芝原 暁彦.「地球温暖化とヒートアイランドー つくば市の環境を考える ー」.ジオネットワークつくば 第24回サイエンスカフェ
  • 芝原 暁彦・ 下川 浩一・吉田 清香・利光誠一・酒井 彰・朝川 暢子.産総研中国センター2011一般公開「移動地質標本館」産総研中国センター2011一般公開.
  • 利光 誠一・芝原 暁彦・下川 浩一・上岡 晃・古谷 美智明・兼子 紗知・渡辺 真人・宮内 渉・吉田 清香・板木 拓也. 講演会「地震災害からの復興と防災を考慮した土地利用に向けて ~地質・衛星情報の活用~」. 産総研オープンラボ2011.
  • 利光 誠一・下川 浩一 ・渡辺 真人・玉生 志郎・須藤 茂・酒井 彰・中島 隆・上岡 晃・池田 さおり・佐藤 浩代・坂田 健太郎・兼子 尚知・古谷 美智明・宮内 渉・吉田 清香・朝川 暢子・青木 正博・角井 朝昭・芝原 暁彦.地質標本館の展示と教材~地質情報と標本情報の発信技法~ .産総研オープンラボ2011.
  • 芝原 暁彦・宮越 昭暢・渡部 芳夫・利光 誠一・上岡 晃・中島 礼・奥山 康子・藤原 智晴・吉田 清香・宮崎 光旗・佐藤 由美子.あなたの頭の中の ”つくば” は本物ですか?「わっ! つくば -What’s Tsukuba?-」. 筑波大学雙峰祭2011地球学類企画・ジオネットワークつくば共催
  • 兼子 尚知・宮地 良典・芝原 暁彦.ペットボトルで地盤の液状化を再現しよう!地質情報展 2011 みと.
  • 宮越 昭暢・渡部 芳夫・利光 誠一・藤原 智晴・佐藤 由美子・宮崎 光旗・芝原 暁彦・吉田 清香, 「石から探る筑波山の過去-石や鉱物からわかることとは?-」. 筑波大学地球学類主催 第1回ジオカフェ・ジオネットワークつくば共催 第23回サイエンスカフェ.
  • 利光 誠一・中島 礼・中澤 努・坂野 靖行・辻野 匠・宮越 昭暢・芝原 暁彦・菅家 亜希子・中島 和敏・川畑 晶・宮崎 純一・藤原 智晴・百目鬼 洋平・吉田 清香・田邉 晋・朝川 暢子, 地質情報展2011みと「体験コーナー」 化石レプリカ作り.地質情報展 2011 みと.
  • 芝原 暁彦・利光 誠一・青木 正博・古谷 美智明・宮内 渉・田邉 晋・兼子 紗知・大和田 朗・佐藤 卓見・福田 和幸・宮越 昭 暢・吉田 清香・朝川 暢子・長森 英明・大熊 洋子, 地質標本館 夏の特別展「世界石紀行」及び特別講演.
  • Yasuhara M., Inamura A., Morikawa T., Stephen B. Gingerich, Takahashi T., Takahashi M., Oowada M., Kazahaya K., Sato T., Oyama M., Shibahara A., Nakama A., Handa H., Caldera lake – groundwater system in Mashu volcano, Hokkaido, northern Japan. AOGS 8th Annual Meeting.
  • 上岡 晃・宮越 昭暢・渡部 芳夫・利光 誠一・藤原 智晴・佐藤 由美子・宮崎 光旗・芝原 暁彦・吉田 清香,第9回野外観察会「筑波山で放射線量を量ってみよう-私たちをとりまく自然放射線-」.ジオネットワークつくば主催第9回野外観察会. ).
  • 芝原 暁彦・利光 誠一・古谷 美智明・宮内 渉・田邉 晋・兼子 紗知・大和田 朗・佐藤 卓見・福田 和幸・宮越 昭暢・吉田 清香・朝川 暢子・大熊 洋子.地質標本館 夏の特別展「世界石紀行」
  • 芝原 暁彦・吉田 清香・宮内 渉・田邉 晋・宮越 昭暢・利光 誠一・長森 英明.地質標本館特別講演会「世界石紀行 -地球の記憶を訪ねる-」、「石の造形に見るジオ多様性」. 産総研つくばセンター一般公開.
  • 坂野 靖行・上岡 晃・下川 浩一・芝原 暁彦・青木 正博・角井 朝昭・宮内 渉. 産総研一般公開地質標本館展示解説. 産総研つくばセンター一般公開.
  • 伊藤 順一・西来 邦章・山口 珠美・芝原 暁彦・風早 康平・佐藤 努. 立体地形モデルによる地質情報展示. 産総研つくばセンター一般公開.
  • 宮地 良典・内野 隆之・宮越 昭暢・酒井 彰・利光 誠一・佐藤 太一・芝原 暁彦. つくばの地質はどうなっているの? つくばフェスティバル2011 移動地質標本館.
  • 兼子尚知 城谷 和代・宮地良典・後藤孝介・芝原暁彦・東郷 洋子, エキジョッカーで液状化現象を知ろう. つくばフェスティバル2011 移動地質標本館.
  • Boo-Keun Khim, Ikehara K., Sagawa T., Ohkushi K., Shibahara A., Yamamoto M. Paleoceanographic changes in the subarctic Northwest Pacific during the last deglaciation. 2011 Kochi International Symposium on Paleoceanography and Paleoenvironment in East Asia